お尻痩せ・ヒップアップ

【垂れ尻タイプ】たるんだお尻の原因と対策は?~垂れたお尻は魅力ゼロ~

投稿日:

若い時は誰でもお尻がキュッと上がっているので、まさか自分が垂れ尻になってしまうなんて思っていなかったのではないでしょうか?

自分の体型やファッション、美容にかける情熱レベルの高いので、少し垂れてきたかも…と思ったらすぐに筋トレをしたりエクササイズをできるのですよね。

でも年齢とともにどうしても面倒だなという気持ちが勝ってしまったり、忙しくて自分の後姿をチェックできる機会が少なくなってしまうので、気づいたらお尻が垂れていたという事態に・・・。

でも垂れ尻は、普段の何気ない行動が原因になっていることが多いので、原因を知っているだけでも気を付けることができるのでおすすめですよ。

垂れ尻になってしまう大きな原因は”お尻の揺れ”

お尻の揺れだなんて言うと、ちょっとセクシーな響きがあるかもしれませんが、お尻ってお肉がついているので、歩いたり走ったりすると揺れます。
揺れると重力に負けるので少しずつ下の方向に垂れていきやすいのです。

筋トレを普段からしていて、お尻のお肉が筋肉質の人なら、少しぐらい揺れても筋肉が垂れを防止してくれますけれど、普段あまり運動をしない人だとお尻のお肉は脂肪になっていることが多いので、垂れやすいです。
これは要注意ですよ!

日常生活の中で垂れ尻になっちゃう理由5つ


垂れ尻を作る原因は、日常生活の中にも潜んでいます。
その中には、「え!そんなことがお尻が垂れる原因になるなんて信じられない!」というようなものもあるので要注意なんです。

普段の生活では、どんな行動がお尻を垂れさせてしまうのか分かりませんから、本当に気を付けながら生活したほうが良いと思います。

お尻って、垂れることを予防したほうが、垂れてからリフトアップするよりもずっと簡単なのです。

加齢で筋力ダウン

加齢による垂れ尻は、多くの女性が経験している悲しい事実です。

これは加齢によって筋力が低下するために起こる現象で、老化の一つと考えても良いでしょう。
加齢が原因の垂れ尻は、ある日突然気づいたらなっていた、という人が多いですね。

判別方法はとっても簡単なのですが、少しだけ緩めのジーンズとかパンツをはいて、後姿を鏡に映してみてください。
お尻の所に床と水平なラインが入っていたら、それは垂れ尻ということです。

デスクワークで座りっぱなし


デスクワークとかパソコンワークで一日中座りっぱなしの人も、垂れ尻になりやすいですね。

これは比較的分かりやすい原因だと思うのですが、本来ならふっくらしているはずのお尻を長時間床とか椅子の上で平らに潰しているのですから、行ってみるならせんべい布団と同じメカニズムで起こっていることなのかなという気がします。

でも実際には、お尻がせんべい布団になっているわけではなくて、ずっと座りっぱなしだと骨盤が歪んでしまうために下半身に脂肪とか老廃物が行きやすくなったり、お尻の部分にある大臀筋が伸ばされた状態になるので古くなった輪ゴムのように弾力をなくしてしまうことが原因となります。

ついつい猫背になりがち

猫背って見た目が悪いだけでなく、垂れ尻の原因になるってご存知ですか?

猫背になると頭が前の方に出てしまうので、体はバランスを取ろうとして腰が後ろに傾いてしまいます。
その状態がクセになるとどうしてもお尻が垂れて見えるわけです。

猫背の場合、姿勢を良くするとお尻が自然とキュッと後ろに上がるので、いますぐに垂れ尻を解消することが可能ですよ。

猫背のせいでお尻が垂れて見えるなんてもったいないですから、癖や姿勢を矯正してお尻の見た目も改善したいですよね。

運動不足


運動不足になると、全身の筋肉が低下してしまうので、体はバランスが崩れやすくなります。
それに全身の筋肉も低下するので、お尻を支えている筋肉の低下によって垂れ尻になりやすいのです。

筋肉を鍛えてあげることによって、お尻のお肉を支える筋肉がお尻をリフトアップしてくれるので解消できますし、垂れ尻だけを解消できる簡単なエクササイズなどもあるので、ぜひトライしてみてくださいね。

サイズが合ってない下着や衣類を着てる

サイズが合わない下着や服って、垂れ尻の原因になります。

衣類がきついと体は少しでも快適な体勢になろうとするので、体型が崩れてしまいますよね。
お肉が本来あるべきではない場所に移動してしまうので、体型が崩れてしまうのです。

垂れ尻におすすめの4つのトレーニング方法


たるんだお尻をリフトアップするためには、エクササイズが効果的です。

簡単にできる方法を4つご紹介しますね。

お尻のたるみには有酸素運動より筋トレが効果的


垂れてしまったお尻には、有酸素運動をしてもあまり効果はありません。
その代わりに、筋肉をピンポイントで鍛えられるような筋トレの方が短期間でも大きな効果につながります。

自宅で隙間時間を見つけてできる方法がたくさんあるので、ぜひうまく取り入れてみてくださいね。

スクワット


スクワットは、垂れ尻に効果的です。
お腹から下の筋肉を前面と背面バランスよく鍛えることができるので、お尻を支える大臀筋も鍛えてリフトアップ効果が期待できますよ。

方法は簡単で、両足を肩幅より少し広めに開いた状態で、上半身をまっすぐにしたままお腹に力を入れて膝の角度が90度ぐらいになるまで体を落とし、元に戻すだけです。

レッグアップ

垂れ尻解消に大きな効果を発揮してくれるのが、このレッグアップですね。

大臀筋をピンポイントで鍛えるこのエクササイズは、まっすぐ立った状態でテーブルとかカウンターなどに両手を軽く乗せ、片足ずつ後ろにゆっくりまっすぐ伸ばした状態で蹴り上げてください。

何回かすると大臀筋が痛くなるので、効果があることをすぐに実感できますよ。

簡単お尻筋トレ

もっと簡単にできるお尻筋トレもあります。
それは、歩いている時とか立っている時に、お尻を意識して筋肉にキュッと力を入れてあげるという方法です。

これだけでも筋肉は刺激を受けるので鍛えることができ、続けることで垂れ尻解消効果につながります。

自宅でできる骨盤矯正


骨盤矯正にはいろいろな方法がありますが、簡単にできるのはフラフープを使った方法がおすすめです。

フラフープを腰で回すだけなのでとっても簡単ですが、右回りと左回りとで、苦手な方を少し多めにするのがポイントです。

お尻のたるみを改善するために意識したい4つのこと

お尻のたるみは、普段の意識改革で改善できます。
どんなところを意識すればよいのかをご紹介しますね。

お尻の筋力をアップさせよう


垂れ尻は大臀筋を鍛えることで改善できます。

年齢や運動不足、生活習慣などで筋力低下しやすい場所なので、普段から意識して鍛えてあげることで、少しずつ垂れを解消できますよ。

補正下着でお尻を包み込んでピップアップ


補正下着を使うのもアリです。
下着をつけるだけで筋肉を鍛えることはできませんが、お尻のお肉をあるべき位置に戻せるので、見た目のヒップアップ効果が期待できると思います。

筋トレと並行すれば、補正下着がなくてもつけている時のような体型になれますよ!

お尻を意識して歩いてみて


簡単そうで意外と難しいのが、歩くときにお尻を意識するという方法ですね。

エクササイズの一つでもあるのですが、普段の生活の中でお尻の筋肉を意識するだけで、筋トレ効果があるので垂れ尻解消につながりますよ。

トレーニングしても1日では結果はでない。継続が大事


どんなに優秀なトレーニングでも、3日坊主では意味がありませんよね。

筋トレ効果を得るためには、少なくても数週間は続けた方が良いと思いますし、垂れ尻を解消するのもやっぱり数週間ぐらいはかかります
トレーニングを続けながら毎日少しずつリフトアップされていくお尻をチェックすることを日課にするのもよいかも。

お尻がキレイな女性芸能人のSNSをチェックするのもモチベーションが上がるのでおすすめです。

まとめ

誰でも油断するとすぐになってしまう嫌な垂れ尻は、原因を知ることでできるだけ原因を作らないように努力できますし、普段の生活の中で習慣やクセを改善することによって垂れすぎないうちに改善できると思います。

1日とか2日だけでは全く効果はないので、できれば生活の一部にして長く継続することがおすすめですよ。

スクワットとかレッグアップなどは、隙間時間を利用してできるエクササイズなので、時間を見つけてこまめにするのが良いと思います。

-お尻痩せ・ヒップアップ

Copyright© おしりレシピ『おしレピ』 , 2019 All Rights Reserved.