お尻痩せ・ヒップアップ

履くだけでキレイなお尻になれるヒップアップガードルおすすめ6選!

投稿日:

脱いでもプリンプリンなお尻を手に入れるためには、筋トレとか骨盤矯正など普段からたゆまぬ努力をしなければいけません。

でも、脱がずに見た目の美尻をメイクすることなら、優秀なヒップアップガードルなどの矯正下着を使えば、今すぐに履くだけできれいなお尻を手に入れることができますよね。

ここでは、具体的にどんなお尻を目指せばよいのかをご紹介しますね。

キレイなお尻ってどんなお尻?~みんなが羨む美尻とは~

小尻で上向き


キレイなお尻と言えば、やはりキュッと引き締まっていてデカすぎず、重力に逆らう上向きのお尻ではないでしょうか。

私はもともとお尻のサイズが大きいので、小尻は本当にずっと憧れていましたね。

キュッと引き締まっている


キュッと引き締まっているお尻は、美尻の条件です。

どんなにサイズ的に理想的な大きさでも、だらしなく垂れていたり下がっているのは美尻とは言えませんよね。

キレイなお尻の持ち主は”姿勢が良くて桃尻”


美尻に見せるためには、魅せ方も実はとても大切なポイントです。

普段から姿勢を良くしているだけでお尻は魅力的に見えますし、姿勢が良ければお尻のラインがスッキリして、桃尻に見える効果もあります。
もちろん、もともと桃尻の人なら、効果は倍ですね!

ブス尻の大きな原因はショーツってウソ?ホント?


ブス尻を作る原因にはいろいろなものがありますが、ショーツも一つの原因になっています。

ショーツだけで美尻がブス尻に転落してしまうかと言えば、それだけが原因ということは少ないかもしれませんけれど、体に合わないショーツを毎日履いていれば、そういうことも起こり得ると思いますよ。

サイズの合わないショーツはライン崩れを起こす


可愛いショーツを見つけて買おうかと思ったけれど、たまたま自分のサイズがなかったから少し小さめを買ってしまった、なんてことはあるでしょう。

でも、サイズが合わないショーツを履いていると、履いているだけでもキツクて不快ですし、ゴムが皮膚に食い込んで色素沈着になってしまうかもしれません。

それに、サイズが合わないショーツはヒップラインが崩れる原因になるので、ブス尻への近道なのです。

小さめなショーツを履き続けるとお肉がどんどん下がっちゃう↓

ちいさめのショーツをあえて履くことで、ショーツからあふれ出す美尻をアピールしたい!
なんて戦略を練る女子は意外と多いかもしれません。

でも、キツいショーツを履いていると、お尻のお肉が周囲に逃げてしまいますし、ショーツがお尻をサポートできずに重力に負けて下に下がってしまうので、美尻になりたい女子にとってはNGです。

小さなショーツを履きたい場合には、あくまでも演出という目的にとどめておいて、普段使いには体に合ったものを選ぶのがおすすめです。

美尻を目指すならジャストサイズのショーツを選んで


美尻を目指したい人は、体に合ったジャストサイズのショーツを選ぶのがおすすめです。

特に、下着になる必要がない時などは、できるだけお尻をしっかりサポートしてくれる矯正作用のあるショーツを選ぶことで、見えない部分で美尻メイクの努力ができますよ。

ヒップアップガードルを履くと美尻にグッと近づける

今すぐに美尻アピールをしたい女子には、ヒップアップガードルがおすすめです。
下着をつけずにガードルを直に履くことで、矯正効果をマックスにできますね。

ただし、ガードルを直履きすると、毎日履く場合には複数枚が必要になるので、その点は注意した方が良いと思います。

シルエットが綺麗な女子は結構履いてる”ヒップアップガードル”その効果は…


ヒップラインがキレイな女子の多くは、ヒップアップガードルを履いていることが多いってご存知ですか?

自宅で筋トレをして脱いでもすごいヒップを手に入れるための努力はできても、ガードルなしでもすごいヒップラインを作るためには、かなりの努力と時間がかかるものです。

そこでおすすめなのが、見た目の凄いヒップラインを今すぐに作れるヒップアップガードルなのです。

お尻を持ち上げて、スッキリとしたシルエットに


お尻が下がっていると、だらしなく見えたり足が短く見えてしまったりしますよね。

でもガードルのパワーでお尻を持ち上げると、シルエットがスッキリして見えるのでスタイルが良く見えますし、セクシーな印象も与えることができます!

丈の種類が選べるから、どんな服装にもマッチ


ヒップアップガードルには、短いものからロングなものまでそろっていて、TPOに合わせて選べます。

適切なものを選べば、どんな服装の時にもヒップラインを崩すことなく維持できるのでおすすめです!
シーンごとにいくつかの種類を持っているのも良いと思います。

ショート丈

ショート丈は、スカートを履く時におすすめです。

特に丈が短めのスカートを履く時や、タイトスカートを履く時などは、しゃがんだ時に裾からガードルが見えてしまうのは嫌ですよね。
スカートの時にはショート丈を選べば問題ありませんよ!

ミディアム丈

ミディアム丈はパンツスタイルの時や、ロング丈のスカートでしゃがんでも裾からガードルが見える心配がない時におすすめです。

ロング丈よりも圧迫感が少ないので、キレイなヒップラインを作りたいけれどきついのはNGという人にもピッタリだと思います。

ロング丈

ロング丈のガードルは、パンツスタイルで足のラインからお尻、そして背中までをスッキリ格好良く魅せたい時に便利なのですが、長いのでブーツなどと合わせて体勢が変わってもガードルが見えないような工夫をする事が大切です。

商品によっては少し窮屈感はあるかも。

ヒップアップガードル選びで失敗しないためのポイント


ヒップアップガードルを履く時には、失敗しないためにいくつかのポイントを選んだ選び方と履き方をする事をおすすめします。

一枚履きでOKなものを選んで

ガードルを下着の上に着用する女子はとても多いですし、その方が衛生的に良いかな、なんて考えてしまうのですが、ヒップアップガードルは基本的に一枚履きです。

ショーツと合わせて履くと、圧迫感が強すぎて黒ずみの原因になってしまうことがありますし、ガードルの中でショーツがよれたりすると、不快極まりありません。

潔く一枚履きをおすすめします!

きつすぎるのはNG!骨盤の歪みに繋がることも


少しきついぐらいのガードルの方が効果があるかな、なんて考えていませんか?
私も以前ではそう思っていたのですが、実はこれはNGですね。

ガードルは自分のサイズにフィットしたものを選ぶことが大切で、きつすぎると骨盤のゆがみがひどくなったり、血行不良で具合が悪くなってしまうリスクもあるのですよ。

ガードルは食い込まない着脱がスムーズにできるものがおすすめ

どのぐらいのサイズがちょうど良くて、どのぐらいはきつすぎるのか、目安をご紹介しますね。

まず、ガードルを履いた時に、お肉が食い込むのはきつすぎるというサインです。

着脱する時に苦しくなくてスムーズにできるぐらい、そして動いてもガードルがずれないぐらいのフィット感があるのが理想的なサイズだと思います。

ブス尻をしっかりUP。ヒップアップガードルおすすめ6選

ということで!
ブス尻をしっかりUPさせてくれる人気のヒップアップガードルを紹介していきます。
履いている間だけがっちり整えばいいのか、履き続けることでヒップメイク出来るタイプがいいのか、自分の希望条件と合うものを選んでみましょう!

Absorle ソフト骨盤サポートヒップアップガードル


垂れ尻をしっかりヒップアップしてくれるだけでなく、なんとお尻パッドが入っているのでふっくら丸いお尻を演出できる優秀なガードルです。
裏打ちパワーネット付きなので、ポッコリお腹を引っ込めてくれたり、骨盤矯正効果もありますよ。

詳しくはこちら

内転筋骨盤ガードル

一枚履きに対応しているだけではなく、骨盤のゆがみやずれをしっかり矯正しながら、太ももに流れてしまったお尻の肉をあるべき位置に戻してくれる効果が期待できるガードルです。
ホワイトとブラックがあるので、服に合わせて選べる点が嬉しい商品です。

詳しくはこちら

お腹引き締めヒップアップショーツ


アウターに響かないガードルが欲しいという人に一押しなのが、このアイテムです。
ポッコリお腹を引っ込めながらヒップラインを持ち上げて美尻メイクができるだけでなく、縫い代が肌に当たって痛いなんてこともなく、快適に一枚履きできるガードルに仕上がっています。

詳しくはこちら

ブラデリスニューヨーク おしりが桃ガードル

最強のヒップアップができるガードルと人気の商品で、垂れていたり下がっているお尻を最大10センチもアップできます。
理想的な桃尻をメイクしながら、特許を取得した3D パネルのおかげで快適に一日を過ごせるガードルです。

詳しくはこちら

Mamo-Re ゲルマシェイプ美尻パンツ

女性の鍼灸師がデザインしたガードルで、加圧ショーツとも呼ばれている商品ですね。
デザイン的にはシンプルで特におしゃれというわけではありませんが、機能的で長時間履いていても疲れにくいのが魅力の一枚です。

詳しくはこちら

スリムウォーク 骨盤をきっちり支えるショーツ


骨盤のゆがみを矯正することで美尻メイクができるショートタイプのガードルです。
太ももに流れてしまったお肉を戻すことは難しいですが、骨盤をしっかりサポートしてくれる点は優秀だと思います。

詳しくはこちら

「お尻を意識する生活」で美尻へ。簡単にできる美尻習慣をチェック


生活習慣を少し見直すだけでも、ブス尻を卒業して美尻になれることはご存知ですか?

普段どんな点に気を付けたら良いのかをご紹介しましょう。

かかとから着地、早歩きを意識して


歩き方を見直すだけでも、お尻の形が改善できます。

歩くときには、まずかかとから着地することを心がけ、モタモタ歩かずに早歩きをしたほうが、大臀筋や中臀筋を刺激できるのでヒップアップ効果につながります。

お尻に力を入れる習慣をつける


お尻の筋肉は、普段の生活ではあまり使わない部分ですよね。

でも意識して力を入れていれば、筋肉が鍛えられるので自然にヒップアップ効果が期待できますよ。

デスクワークさんは適度にお尻のコリをほぐそう


長時間のデスクワークやパソコンワークなど、同じ姿勢で座りっぱなしになることが多い人は、扁平尻のリスクが高いですね。

そんな時には、お尻の血行を良くするためにも、頻繁に体勢を変えたり立ち上がったり、またお尻が凝らないようにマッサージしてあげることがおすすめです。

ヤンキー座り

昭和の時代に流行したヤンキーたちの座りかたは、「ヤンキー座り」と呼ばれてしますよね。

あの座り方は実はお尻の筋肉にとってはプラスなので、自宅でヤンキー座りをする機会を増やすことによって、美尻メイクができます。

トイレは洋式ではなくてあえて和式を選ぶというのもアリかも。

ツボを指圧

ツボを指圧することによって、血行が良くなり、お尻の細胞に十分な酸素や栄養素が届きやすくなります。

デトックス系のツボを刺激するだけでも、大きなスッキリ効果が期待できますし、コリがほぐれてお尻がリラックスできますよ。

テニスボールでマッサージ

お尻のマッサージをする際には、硬式のテニスボールを使うのがおすすめです。

テニスボールをお尻の上で転がしたり、また床にあおむけに寝転がってお尻の下にテニスボールを入れてマッサージをする事で、筋肉のコリをほぐせます。

マッサージする時には、テニスボールは2個用意して、左右同時にマッサージしてあげるのがおすすめですよ。

まとめ

キレイなヒップラインを作ることができるお尻は、女子なら誰でも憧れますよね。脱いでもすごいヒップラインを手に入れるためにはいろいろ時間がかかりますけれど、服の上から凄く見えるヒップラインを作るなら、ヒップアップガードルを使えば今すぐにできます。

ガードルにはいろいろな丈があるので、ファッションに合わせて選ぶことが必要なのですが、サイズ感はけっこう難しいので、緩すぎずキツすぎずのものを選ぶことをおすすめします。

ネットショップだと優秀なものがたくさんラインナップされていて、私もネットショップで選んだものをいくつか愛用しているのですが、正しいサイズを選ぶために、購入する際にはきちんと巻き尺を持ってウエストとかヒップ、太ももなどのサイズを測ってピッタリのサイズを選ぶのが良いと思います。

肌に直接履くものなので、返品不可というショップもありますから、失敗しない選び方をしてくださいね。

-お尻痩せ・ヒップアップ

Copyright© おしりレシピ『おしレピ』 , 2018 All Rights Reserved.